東京都市大学 特別シンポジウム「放射能物質を追う」 | イベント | 二子玉川のポータルサイト 二子玉くん

  1. 二子玉川HOME
  2. イベント
  3. 東京都市大学 特別シンポジウム「放射能物質を追う」

二子玉川の[イベント]

東京都市大学 特別シンポジウム「放射能物質を追う」
開催期間 2017年02月22日(水)
開催時間 13:30~16:30(13:00 開場)
場所 アクセスマップ東京都市大学 二子玉川夢キャンパス
東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8F
イベント内容
内陸湖沼における放射性物質汚染の影響調査は、
我が国では初めてであり世界的にみても
類似したフィールドでの調査事例は少ない。
群馬大学・群馬県水産試験場
・国立環境研究所・武蔵大学
そして東京都市大学原子力研究所のメンバーが
チームを作り、
赤城大沼湖沼生態系における
放射性Csの挙動の総合的な研究を
5年間行ってきた。
これまでの調査・研究を継続し、
今後もデータを蓄積していくことは
安全安心を大前提に放射性物質を利用する
研究者としての責務でもある。
本シンポジウムは、今後の調査も踏まえ、
5年間の成果報告として、
多くの方々に広く知っていただく機会として開催する。
本試みが、今後の福島復興の「知」の支援につながる成果となる。

朝日新聞プロメテウスの罠(2013年6月14日~7月3日)
『釣ったら放せ「セシウムの移行を追え」』掲載
赤城大沼の美しい自然を取り戻すために奔走する研究者と
地元の声を聞くシンポジウム

基調講演: 
「福島の環境回復に向けた取り組み―放射性セシウムの環境動態研究―(仮題)」
油井三和(日本原子力研究開発機構)

研究報告: 
「赤城大沼の水圏生態系における放射性セシウムの動態」
鈴木究真(群馬県水産試験場)

「産学湖沼での放射性セシウムの挙動―赤城大沼から中禅寺湖、
沼沢湖での取り組み―」
野原精一(国立環境研究所)



参加方法 お申し込みは下記URLの夢キャンパスホームページにて
http://yumecampus.tcu.ac.jp/event/1955
定員: 100名
対象: 一般(事前申し込み制・先着順)
参加費: 無料
問い合わせ先 東京都市大学 二子玉川夢キャンパス
電話番号・メールアドレス 03–5797–9504
URL http://yumecampus.tcu.ac.jp/
地図

無料でお店の情報を掲載してみませんか?

無料でイベント情報を掲載してみませんか?

無料でお店の情報を掲載してみませんか?