レッドパンダ


寒いけど、あの子達は元気に暮らしているかしら?
気になる〜〜う〜

というわけで、先日、また、多摩動物園に行ってきました。
大好きな「レッサーパンダ」に会うために。

14時は、レッサーパンダのランチタイム。見逃すまいと急ぎ足。途中、オランウータンのかわいらしい仕草も気になりましたが、やっぱり一番は…

きゃーかわいい!ごはんの前なのに元気に動き回っています。夏場は木の上でグデ〜っとしてたのに。むしろ冬の方が元気です。
そして、飼育係さん登場。スライスしたリンゴをあげる様子が見れる貴重なお時間です。リンゴ好きのかわいい5頭に群がられて、いいないいな〜、うらやましい限りです。
そしてそして、この日は飼育係さんがレッサーパンダについて語ってくれる曜日。わーい、ラッキー。


パンダ…竹を食べる動物という意味で、ジャイアントパンダよりもレッサーパンダの方が先にパンダと呼ぶようになったそうです。
レッサー…小さいという意味でつけられたそうですが、劣っているという意味もあるそうで差別になってしまうので、国によっては「レッドパンダ」と呼ぶそうです。
動物園なので、たまたま複数で居合わせているけれど、野生では、山で単独で暮らしているそうです。

……山にいるんだ!だから親しみを感じるのかも。私も山に行くし。ちょっと勉強になりました。

この日も30分ほどレッドパンダを見て、満足。

夏に水浴びしていた「水牛」は水浴びすることもなく、
水場でたわむれていた「カワウソ」も寒いせいか奥のほうに引っ込んでいました。「コアラ」はいつでも石のよう。

受験シーズンなので、オランウータンの所で合格祈願ができます。
絶対落ちない祈願。気の利いたサービスですね。
…受験生じゃないからな〜と思いましたが…、そうだ!
壁や岩でクライミングをやるのでピッタリですね。落ちたくないというよりも登れるようになりたい。願い事を書いて結んできました。

でもやっぱり、レッドパンダよりレッサーパンダの方がかわいい呼び方な気がする。れっさー。またね。



2011年01月17日(月) No.695 ()

◎◎1月のキャンペーン◎◎


top