BCAAについて


本日はBCAAについて少しお話します。


BCAAはとは、Branched Chain Amino Acidsの略称で頭文字をとりBCAAといいます。
分子構造から分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれおり(鎖状に連なっているのでこうよばれました)、具体的にはバリン、ロイシン、イソロイシンのことを言います。


私達が日常摂取する食物中のたんぱく質を構成する必須アミノ酸。
その中でもBCAAの占める割合は約50%前後と高く、人の筋たんぱく質中の必須アミノ酸のBCAAの割合は約35%にもなります。
つまり、筋肉づくりに果たすBCAAの役割は大きく、言いかえれば運動中に分解してしまう量もかなり多いのではと考えられます。
なので効率よく身体を動かしていくにはバリン、ロイシン、イソロイシンで構成されている方が望ましいんですね。

またBCAAを摂取するのには幾つか目的があります。
今日はその内の主な事柄を二つ。

一つ目は、運動による筋たんぱく質の分解を防ぐことです。
運動中には筋肉の分解と合成がめまぐるしく行われています。
筋肉でのBCAAの分解が促進されることが分かっていますが、運動直前にBCAAを摂取することにより、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量は減少することが分かっています。
すなわち、摂取したBCAAが筋肉中で分解することにより、筋たんぱく質の分解が抑制されたと考えられます。


BCAAを摂取することの効果の二つ目は、中枢性疲労の軽減です。
では中枢性疲労とは何か?
筋肉など、脳以外の身体に由来する疲労のことを末梢性疲労(身体的疲労)と呼ぶのに対し、脳が主体となって感じる疲労を中枢性疲労と呼びます。(一部引用)
この中枢性疲労は、トリプトファンが関係していると言われています。
トリプトファンは脳内にあるゲートを通過して取り込まれるのですが、BCAAも同じゲートを使用します。
血中のBCAA濃度が低いとトリプトファンが、優位にゲートをくぐってしまうのですがBCAA濃度が高いとトリプトファンは優位に動けません。
従って、血中のトリプトファン濃度に対するBCAA濃度が低下すると、脳内にトリプトファンの取り込みが増加して、中枢性疲労が促進されると考えられています。
運動によりBCAAの分解が高まるので、十分なBCAAの摂取は、中枢性疲労の予防もしくは回復に効果的である可能性が高く、実際に運動前のBCAA摂取は、運動中の主観的運動強度を軽減することが報告されています。
要するに、摂取するといつもより調子が良くなるということです。

大分ざっくりお話しましたがご理解いただけたでしょうか。


次回はお客様からのご要望で、ケイ素水について書いていこうかと思っています。
ただ情報が論ずるまで集まっておらず、変更するかもしれません。

※この記述ではトリプトファンが悪者に見えますが決してそういうわけではありません。


近藤
2015年09月21日(月) No.1604 (★HOGUMI情報)

No. PASS
top