☆免疫力を高めよう☆〜ウィルス対策〜



こんにちは。

連日のように新型コロナウィルスのニュースが飛び交ってますが

みなさん如何お過ごしですか?

本日は身近なウィルスから身を守るための栄養摂取についてご紹介します。


☆まずはバランス食


健康の為に大切な食事ですが、その食事を疎かにすると

自ら体調不良を招いてしまう場合があります。

まずは一日三食しっかり食べて、たくさんの食材から豊富な種類の栄養素を

体に摂り入れることが大事です。

1日30品目が目安と言われてます。ですが現実は中々難しいですよね・・・

例えば、昼食に朝食で食べた食材以外のものを選び、

夕食には朝食と昼食に食べなかった食材を意識してメニューを考えるだけも、

少しずつ食品数は増えていきます。

また、和食・洋食・中華と食事の様式を変えるだけでも色々な食材を

取り入れやすくなりますね。

さらに焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの調理法に目を向けるとカロリーの

摂りすぎも防ぎやすいです。





☆タンパク質を効果的に摂取することが大事


タンパク質はからだをつくる主な材料になる重要な役割を果たします。

いつもの食事で肉や魚などの主菜をしっかり摂り、そこに豆腐や納豆を

追加することで十分タンパク質を摂ることができます。

またお子さんでも好きな炊き込みごはんもおススメです。

鶏五目ごはんなど、主菜等をご飯に混ぜ込むことでより簡単に美味しく、

同じ茶碗一杯のごはんより3〜5g多くタンパク質を摂ることが出来ます。


☆ウィルス予防をサポートするビタミンA・C


体の抵抗力に関係するビタミンCや、喉や鼻などの粘膜保護に関連のある

ビタミンAなどの摂取も重要です。

ビタミンCはイチゴやキウイ、かんきつ類などの果物、緑の濃い野菜、

いも類に多く含まれます。


ビタミンAは人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多いβ-カロテンで補給するだけでなく、

卵や牛乳、うなぎなど動物性食品から補うのも忘れないようにしましょう。



☆亜鉛の力を追加する


さらに追加したい栄養素は亜鉛です。

亜鉛はビタミンAを体内にとどめる働きをもち、

ウイルスを退治する白血球をつくる材料にもなっています。

日常で使いやすい食材としては牛ひき肉です。

合いびき肉にも約7割含まれているのでハンバーグや肉団子、

ロールキャベツなどは、ご家庭・定食屋さん・総菜屋さんでも

選びやすいメニューですね。



☆体を温める食材を取り入れる


体を冷やさないことも風邪予防には大切です。

平熱でいうと36.5℃〜37.0℃が免疫力の高い理想的な体温と言えます。

皆さんは何度ありますか??

食事をするだけでも体温は上がりますが

生姜、ニンニク、とうがらしをスープや炒め物に

プラスするとさらに身体が温まりますよ。


食事によるウィルス予防は積み重ねがとても大切です。

コツコツと栄養補給をし、十分な睡眠をとって免疫力を高め、

ウィルスに打ち勝ちましょう!!
2020年03月10日(火) No.1538 (★HOGUMI情報)

No. PASS
top