いよかん


先週のじいちゃんの13回忌について書きます。

うちは、おとう(おやじ)の誕生日が祖父の今年13回忌にあたります。

昼過ぎ浅草にお墓参り
客室に案内され、家族親戚と談笑して
本堂のある部屋へ

30分くらい仏壇のある部屋で懐かしい線香の匂いをかぎなからお経を読んでもらいました。


この雰囲気すごくすきです。

お坊さんの言うことは説得力がありまして、意味が一つもわかないのにうなずいている自分がいます。

内容はたぶん南無阿弥陀物の意味についてだと思います。

難しくて全然わからなかったんですが…

仏を信じ正しい行いをしていれば誰しも救われるといっているように聞こえました。


久しぶりにピリッとした場所にいるとなんか邪気が洗い流されたような気が…します ね。

その後はお墓に線香ををあげ、

親戚一同で浅草ビューホテルへ、 リッチに27階で中華を堪能させてもらいました。

コースの苦手な自分ですがすごい楽しめたなぁー

祖母の太っ腹な会計には驚かされましたけど・


そんな1日、

だけど…

一つ悲しいことが

お墓をみてみると手入れさされてる、きれいなお墓
そうでないお墓

誰もお墓参りにこず、取り壊されてしまうお墓が数多くありました。

そこで代が途絶えたかもしれないし
よっぽど嫌いな先祖なのかもしれない

でも死んでからひとりぼっちは寂しすぎる気がします。
みなさんも先祖には線香の一本でもあげて下さいね。
2008年02月14日(木) No.357 ()

No. PASS
top